【インフルエンザ予防接種】4種混合ワクチン 2018年(平成30年)

インフルエンザ予防接種は4種混合

2014年までは3種混合ワクチンでしたが
新型インフルエンザが大流行した年以降
4種混合ワクチンが主となってきました

2018年 平成30年のワクチンは?

  • A型株
    A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
    A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
  • B型株
    B/プーケット/3073/2013(山形系統)
    B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

価格帯 値段はいくら?

病院によりますが3〜5千円ほどです

予防接種を希望する場合は予約を!

厚生労働省が生産本数を決定します
大流行すると一気に予約が集中するので
10月中に近くの病院に電話予約するのがオススメです

電話予約の際、価格を確認しましょう
ここ数年は電話すると
「今年は仕入値の高騰で4千円」と言われることが多かったですが
2018年は「3,000円」でした

注射を受ける時期はいつ頃がいいの?

11月〜12月のうちに行っておきましょう
流行してからでは遅いです

インフルエンザの予防接種に行って
風邪やインフルエンザに感染してしまったら
本末転倒です

病院選びのオススメは

女性の場合は産婦人科の
あまり混んでないクリニックがオススメです
咳をしている人の割合は、通常のクリニックより断然低いです

普通のクリニックは夕方〜混雑するので
午前中がいいかもしれません

待ち時間短縮の裏技

裏技というか小技です。
時間の予約制でない場合は
あらかじめ問診票をもらっておき記入。
当日体温を計り記入して受付に提出。
混雑してるときはいったん出て
時間を見計らって戻る・・・
など、待ち時間が長いと疲れるし
風邪とかうつったらイヤですよね

病院に行って、病気になって帰って来ないように
気をつけましょう^^

ちなみに注射の跡は揉んではいけませんよ

では、インフルエンザに感染しないように冬を乗り切りましょう💉