猫砂 おすすめ シリカゲルなら臭わない!掃除も楽チン(クリスタルキャット)

猫のトイレ問題!いったいどの猫砂を使えばいいの!?

猫と暮らしていく上で、トイレ問題は永遠の課題ではないでしょうか。
特に、多頭飼育のご家庭では切実な問題です。

猫砂の比較 メリットとデメリット

  • 紙タイプの猫砂〜
    安価で軽いし容量が多いので経済的に思えるが、長持ちしないため使用量が多い。
    掃除中の臭いもそこそこキツイ。
  • 鉱物:ベンナイト〜
    安価だが重い!重すぎる!ベンナイト自体は不燃物なので、ゴミ出しが大変。
  • おからタイプ〜
    猫にはやさしい気がするが、ちょっと高め。
    固まり方が弱めなので、掃除の際の取り残しが出る。
  • 木製タイプ〜
    軽いし、メーカーによっては大容量で安く入手できる。
    ヒノキタイプを使った時は、猫のくしゃみが増えた。
    めちゃくちゃ飛び散りホコリっぽくなる。
  • ポプラでニオイを取る砂(ライオン)
    現在併用しているが、舞い散りがすごくて、白いホコリが半端ない。
    値段と処理のしやすさ、可燃ゴミという点ではまあいいかな。
  • シリカゲル(クリスタルキャット)〜
    現在メインで使用中。どれよりも消臭力が優れている。
    約1ヶ月間、おしっこは放置でOK。
    大の方は乾燥してから、トングでつまんでポイするだけ。
    水分を吸収して乾燥させる砂なので、掃除中の臭いは気にならない。
    紙やベンナイトに比べて種類が少ない。
    システムトイレの、すのこの上で使うタイプと、そのまま使うタイプと両方ある。
  • システムトイレ
    多頭飼育下のシステムトイレはおすすめできない。
    下痢のときの処理が大変。砂が高いので費用がかかる。

上記を全部使って、試してみた結果です。

シリカゲルの猫砂

今使っているのは「クリスタルキャット」です。
多少飛び散りがあり、人間が素足で踏むと痛いです。

猫的には大丈夫みたいです。
トイレの縁の上で用を足す子が多いので、どんな砂でもなるべく踏みたくないみたい。

まだ使い始めて間もないので、しばらく使ってみてまたご報告します。
現時点で、自分的にはこれがいちばん楽で、臭いも気にならない。

アイリスオーヤマの砂も人気があるみたい。





【この記事を読んだ人はこんなのも見ています】