【皆既月食】2022年11月8日(火)日本で観測できる時間はいつ?

2022年11月8日(火)は日本で皆既月食が観測できる。場所と時間を解説

2022/11/8の皆既月食は日本の全国で観測ができます。
下表は国立天文台の資料です。
18時8分に食が始まり、19時59分には食の最大になります。
食の終わりは21時49分です。
地域によって観測できる角度が変わります。
神秘的な天体ショーですので、ぜひ観測して月のパワーを感じて下さい。

食の始め皆既の始め食の最大皆既の終り食の終り
地名中央標準時位置角中央標準時位置角中央標準時位置角食分中央標準時位置角中央標準時位置角
那覇8日18時08.9分147度8日19時16.3分350度8日19時59.2分227度1.3648日20時42.0分103度8日21時49.4分302度
福岡8日18時08.9分140度8日19時16.3分342度8日19時59.2分218度1.3648日20時42.0分93度8日21時49.4分288度
京都8日18時08.9分140度8日19時16.3分340度8日19時59.2分216度1.3648日20時42.0分90度8日21時49.4分282度
東京8日18時08.9分139度8日19時16.3分340度8日19時59.2分215度1.3648日20時42.0分88度8日21時49.4分278度
仙台8日18時08.9分137度8日19時16.3分337度8日19時59.2分211度1.3648日20時42.0分84度8日21時49.4分272度
札幌8日18時08.9分132度8日19時16.3分331度8日19時59.2分205度1.3648日20時42.0分77度8日21時49.4分265度

©NAOJ


ここより2021年の月食の情報となります。

2021年11月19日の部分月食は、ほぼ皆既月食。日本全国で観測できる。

©NAOJ

2021年11月19日の月食はほぼ皆既月食

5/26にスーパームーンの皆既月食がありました。
皆さんはご覧になりましたか。
筆者の位置からは、あいにくの曇り空でぼんやりとしか見えませんでした。
しかし、月食の過程は確認できました。
2021年11月19日にも月食があります。
部分月食の位置付けになりますが、ほぼ皆既月食です。
上の写真でもわかるように、ほんの少し残るだけですので「ほぼ皆既月食」です。
この日の月食も楽しみにして待ちましょう!


2021年の月食


2021年5月26日 皆既月食 スーパームーンの月食はレアなので見逃すな!

2021年の皆既月食はいつ?
🌝2021年5月26日(水)18:44~21:52
🌝この日はスーパームーンなので月が大きく見えるよ
🌝5月の満月はフラワームーンという名称

皆既月食を万倍楽しもう 2021年5月26日夜満月の見え方©NAOJ

2021年のスーパームーンが皆既月食に!

皆既月食の仕組みはこんな感じです

皆既月食の仕組みはこんな感じです©NAOJ

🌕地球から最も近い満月と最も遠い満月
🌕スーパームーンとマイクロムーンの比較
🌕約14%大きく見える
🌕約30%明るく見える

スーパームーンとマイクロムーンの大きさを比較©NAOJ

地球に最も近い満月が皆既月食になる
スーパームーンの皆既月食なんて美しすぎる
全身に月光を浴びてパワーをもらいましょう

🌕年間「月カレンダー」朔望月はこちら

日本のどこで観測できる?

日本全国で観察することができます。
北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となります。

皆既月食はどう変化する?

月は18時45分から欠け始め、20時09分に皆既食となります。
皆既となった月は「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれ赤黒い色に見えます。
2021/5/26 皆既月食 地球の影に対する月の動き©NAOJ
皆既食は20時28分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、21時53分に部分食が終わります。

天体ショーを楽しもう

しょっ中あることではないので、見逃さないでしっかり観測しましょう!