パチンコ【出玉規制 廃止問題】ギャンブル依存症は治らないんだと

ギャンブル依存症 気付かない 治らない⁈

「20年間で約4千万円をパチンコに使ってもなお、
自分がギャンブル依存症だと気づかなかった。」
(5/23朝日新聞朝刊より抜粋)

単純に毎月15万負けるのを20年続けると4千万円弱
この記事では毎週4万円ずつ負けてというような事ですが

大勝利の月もあれば 大惨敗の月もあるでしょう

そもそも その日の勝敗を重視する人が多いので
今日は10万勝ちでニンマリ とか
今日は4万負けた‼😨
コンスタントに通っていると
その日どうたったから明日はこうする という
その日暮らしの感じになってしまっている気がします

自分も しょっちゅうパチ屋には行きます
2018年2月~の出玉規制の犠牲になっていますが
だからといって 警戒していたのは最初だけ
出玉規制されつつも
出費は変わらない…
というか出玉規制のおかげで負けやすくなってる現状

1/399のMAX台があった頃のままでよかったな~~

出玉規制はあまり依存症対策にはなってないのでは?
そう思うのは私だけでしょうか?

2020年 パチンコ廃止の噂は本当?

「2020年にパチンコが廃止される」という噂が飛び交っていますね
ウワサの出どころは不明ですが
IR法案は可決されましたね

公営競技などの市場規模

日本生産性本部による2016年の推計
(朝日新聞に掲載されていた内容ですが)
↓を見るとパチンコ・パチスロの規模はダントツです
他を大きく引き離して
もの凄い数字を叩き出しています
コレを廃止にできるの?

種別 約~円
パチンコ・パチスロ 21兆6200億円
中央競馬 2兆6700億円
地方競馬 4700億円
競輪 6300億円
競艇 1兆800おくえん
オートレース 600億円
宝くじ 8400億円
スポーツ振興くじ(toto) 1000億円

カジノを作ってもパチ屋のように
そこらじゅうにできるわけでもなく

そもそもパチンコって
ギャンブルではないと思っているのですが・・・

つまりナンなの?

この新聞記事を見て
「パチンコ・パチスロの市場規模が21兆円もある!!」(;゚Д゚)
「しかも他を大きく引き離しスゴイ額だ」

規制しつつも
こんな市場規模の大きなモノを廃止にはしないのでは
という見解の方が信憑性があるようです

カジノができたとして
まず利用層が異なるし場所が限定的
マイナンバーの登録が必要だったりと
何かと面倒が多い
数千円の入場料なんて払ってまで庶民は行かない
海外の富豪を招き入れたい?
それに対応できるだけのディーラーはいるのか?
いっそ サイコロと花札で日本らしくやってみる?

そうなるとカジノ施設内に
パチンコ パチスロが導入されてもおかしくない
統合型リゾート施設なんだし

パチンコは欧米人は興味あるみたいですが、、、

2020年に始動するらしいので
どうなるのか興味深いです





【この記事を読んだ人はこんなのも見ています】