5月15日【ヨーグルトの日】で何をすればいい?由来とは

ヨーグルトの日 5月15日

5/15は「ヨーグルトの日」です

どうして5月15日なの?

1900年代初め
「ヨーグルトは健康のため毎日の食卓に欠かせない物だ」と
世界中の人々に紹介して広めた生物学者さんがいます

ロシア生まれの「イリア・イリノイッチ・メチニコフ」氏
1845年5月15日生まれ

彼の誕生日を記念して(株)明治が制定しました

で どうするの?

イリア・イリノイッチ・メチニコフ氏が
ヨーグルトの健康への重要性を世界中に広めたおかげで
研究開発が進み 現在にいたります
彼の貢献に感謝しながら
今日もヨーグルトを食べましょう!!

厳選 おすすめヨーグルトはコレ!

ダノンビオ

ダノンビオは生きて腸まで届く高生存ビフィズス菌BE80が
ものすごい活躍をしてくれます。
腸内環境を良くすることが健康維持の基本です。
腸内フローラを整えて免疫力を強化しましょう。

自分に合ったヨーグルトを毎日食べよう

人それぞれ
ヨーグルト効果に期待するものが違うと思います
自分はどんな効果を求めるのか
それにはどのヨーグルトを食べればいいのか?
いろんな商品が売場に並んでいるので
何に特化した乳製品なのか乳酸菌なのかを比べて
実際に食べて実感して続けてみましょう

2週間程度続けて摂取してみないと
効果は実感できません
おいしくて体に嬉しいヨーグルトが見つかるといいですね^^

毎日続けようヨーグルト‼

5月15日は「ヨーグルトの日」

・・・(ワタシどんだけヨーグルト好きなの??) (〃▽〃)





【この記事を読んだ人はこんなのも見ています】