2019-2020年【ミニロト考察】数字は面白い

ミニロトとは

  • 毎週火曜日に抽選が行われる数字選択式宝くじ
  • 1~31の数字から好きな数字を5個を選ぶ
  • その回の売上金を当選等数で分配する
1等 本数字5個と全て一致
2等 本数字4個と一致、更にボーナス数字1個と一致
3等 本数字4個と一致
4等 本数字3個と一致

当選確率は?

当選確率:1/169,911

気になった当選数字と本数

当選口数の多くは10〜20口なんですが

2019年12月17日の当選本数がすごい!

本数字 口数 当選金額
03 12 14 21 25 10 78口 2,001,000円

この2年間で最高の当選口数が出ました。
そして当選金額が最も少ないという事にもなります。

2019年3月26日は、1等がわずか4口で当選金額は37,942,900円

実に興味深い結果にです。数字って面白い。
ちなみに2月23日の神ってる奇遇のお話はこちら

2018年のミニロトの最高当選口数は49口
ちょうど1年前、2018年12月18日

本数字 口数 当選金額
05 13 18 26 31 11 49口 3,133,300円
メモ

ネット購入で5回継続して購入したはずが、5口買っていて当選したという記事を読んだことがあります。
なんと引きの強い人なんだろうと感心しました。

さて今回の78口の1等当選数、クイックピックが力を発揮したのでしょうか?
それとも?テレビ番組の企画で大量に購入した??
ユーチューバーさんが検証してみた?

2019/12/17の販売実績はいつもより少し多めなだけです。
分析すると、連番がないのと一桁揃いもない。
普通に数字がバラけている。

この回はズバ抜けて1等が多いので、ちょっと今後の参考にしようと思います。
私の場合、連番を入れたくなるので絶対に引けない数字です。

当選された方おめでとうございます。





【この記事を読んだ人はこんなのも見ています】