二十四節気とは?ひとことでわかる!暦のこと 雑節も | くじ活~マネ活~

二十四節気とは?ひとことでわかる!

二十四節気の読み方と意味を簡潔にまとめました。

二十四節気とは?

まず二十四節気とは何か?というのをかみ砕いてわかりやすくまとめるとこうなります。

二十四節気は一年を春夏秋冬にわけ、さらにその四季を6つにわけたもの。
季節の節目の目安として生活に用いられています。
その年によって1日程度前後します。

二十四節気の意味をひとことで言うと?

それではさっそく、ひとことで言ってみましょう。

  • 立春 りっしゅん:2月4日頃
    豆まきの翌日は春のはじまり
  • 雨水 うすい:2月19日頃
    雪が雨へとかわるころ
  • 啓蟄 けいちつ:3月6日頃
    大地も暖まり冬眠はおしまい
  • 春分 しゅんぶん:3月21日頃
    昼夜の長さがほぼ同じ
  • 清明 せいめい:4月5日頃
    春本番、清く明るい。清浄明潔の略。
  • 穀雨 こくう:4月20日頃
    作物に春雨がうるおう頃
  • 立夏 りっか:5月6日頃
    夏のはじまり
  • 小満 しょうまん:5月21日頃
    田植えの準備をはじめる頃
  • 芒種 ぼうしゅ:6月6日頃
    穀物の種をまく頃
  • 夏至 げし:6月21日頃
    1年で昼がいちばん長い日
  • 小暑 しょうしょ:7月7日頃
    梅雨明け近く暑さ増すころ
  • 大暑 たいしょ:7月23日頃
    超暑いメッチャ暑い時期
  • 立秋 りっしゅう:8月7日頃
    残暑の中にも秋の気配
  • 処暑 しょしょ:8月23日頃
    猛暑も終盤、初秋も感じる
  • 白露 はくろ:9月8日頃
    草花に朝露つくころ
  • 秋分 しゅうぶん:9月23日頃
    昼夜の長さがほぼ同じの日
  • 寒露 かんろ:10月8日頃
    草木に冷たい露が降り秋本番
  • 霜降 そうこう:10月23日頃
    早朝に霜が降りはじめ秋が深まる頃。
  • 立冬 りっとう:11月7日頃
    冬のはじまり
  • 小雪 しょうせつ:11月22日頃
    野山に初雪が舞う頃
  • 大雪 たいせつ:12月7日頃
    平地にも雪が降る頃
  • 冬至 とうじ:12月22日頃
    1年で最も昼が短い日、ゆず湯に入ろう。
  • 小寒 しょうかん:1月5日頃
    だんだん寒さが厳しくなる頃
  • 大寒 だいかん:1月20日頃
    寒さが最も厳しく超寒い

とはいえ、地球温暖化から地球沸騰化に移行したとされた昨今、夏の暑い時期が長くなってきました。
特に日本は湿度が高いので、暑さは厳しいですね。

二十四節気まとめ 一覧表

No二十四節気読み方日付
1立春りっしゅん2月4日頃
2雨水うすい2月19日頃
3啓蟄けいちつ3月5日頃
4春分しゅんぶん3月21日頃
5清明せいめい4月5日頃
6穀雨こくう4月20日頃
7立夏りっか5月5日頃
8小満しょうまん5月21日頃
9芒種ぼうしゅ6月6日頃
10夏至げし6月21日頃
11小暑しょうしょ7月7日頃
12大暑たいしょ7月23日頃
13立秋りっしゅう8月8日頃
14処暑しょしょ8月23日頃
15白露はくろ9月8日頃
16秋分しゅうぶん9月23日頃
17寒露かんろ10月8日頃
18霜降そうこう10月24日頃
19立冬りっとう11月7日頃
20小雪しょうせつ11月22日頃
21大雪たいせつ12月7日頃
22冬至とうじ12月21日頃
23小寒しょうかん1月5日頃
24大寒だいかん1月21日頃

雑節(ざっせつ)とは?

雑説とは、二十四節気などの他に、季節の移り変わりの目安となるものです。

  • 節分(せつぶん)
    立春の前日で、邪気を払う「豆まき」の日。
  • 初午(はつうま)
    2月最初の午の日に行う稲荷神社の祭礼
  • 彼岸(ひがん)
    春分と秋分の前後の3日、計7日。
    初日を彼岸の入り、当日を中日(ちゅうにち)終日を明けと呼ぶ。
  • 社日(しゃにち)
    春分・秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。
    春には豊年を祈り、秋には成熟を祝う行事を行う。
  • 八十八夜(はちじゅうはちや)
    立春から数えて八十八日目。
    新暦では5月2日頃、種まきや茶摘みの最適期
  • 入梅(にゅうばい)
    田植えのための目安となる日
  • 半夏生(はんげしょう)
    夏至から数えて11日目頃で梅雨明けの頃。
    この日までに田植えを済ませる
  • 土用(どよう)
    立春、立夏、立秋、立冬の前18日間。
    現在では夏土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があります。
  • 盂蘭盆会(うらぼんえ)
    7月か8月の15日のお盆で、先祖の霊を祀ります。
  • 二百十日(にひゃくとおか)
    立春から数えて210日目。
    稲の開花期にあたり、台風を警戒します。
  • 二百ニ十日(にひゃくはつか)
    立春から数えて220日目。
    意味は二百十日と同じ。
  • 大祓(おおばらえ)
    6月と12月の末日に行われる神事。
    年末の晦日祓いを行う家庭も多い。

いかがでしたか?
四季がありお米を食す日本ならではの内容ですね。
豊作を願い収穫に感謝するという、稲作が軸にあるのが伝わってきます。

暦は大陸から伝わってきたものですが、何度も改暦を繰り返し現在に至っています。
日本の文化や行事を大切に守り、後世へ受け継いでいってほしいですね。